法律相談 by弁護士法人 板根富規法律事務所

0120-65-2345(広島・島根のみ)お問合せはこちら""
HOME >  参考事例 >  年老いた父のこと・・・

参考事例

年老いた父のこと・・・

2016.08.02
f7e0189d8cc865a04650fcbd7678c86a_s

※画像はイメージです

事 例

年をとった父がいます。最近、成年後見人という制度のことを聞いたのですが、具体的にどんなことをしてくれるのですか

結果・詳細

成年後見人制度は、判断能力が十分でない人の法律行為を援助するものの一つで、常時判断能力がない人を援助するの制度です。本人、親族など法律上定めた人からの申立により家庭裁判所が成年後見人を選任します。実は成年後見人には、配偶者、子供などの親族が選任されることが多いですが、親族に紛争があったり、専門的な知識を要する処理が必要なケースには、弁護士、司法書士、社会福祉士などの専門家が選任されます。成年後見人は、本人の預金管理といった財産管理、本人の施設入所契約など身上監護が主な業務内容です。成年後見人は、家庭裁判所に業務報告をして家庭裁判所の監督をうけます。最近では、成年後見人を監督する成年後見監督人が選任され、成年後見人が不正を働かないよう監督をすることもあります。

ページの先頭へ

0120-65-2345(広島・島根のみ)

TEL:082-224-2345FAX:082-224-2255

受付時間月~金曜日/ 9:00~18:00

Copyright (C) Itane Tominori law office .All Rights Reserved.